利用規約

ステップチェンジ株式会社(以下「当社」といいます)は、TENT幕張(以下「本施設」)を運用するにあたり、本規約を定めます。

第1条 定義

  1. 本規約において使用する主な用語を以下の通り定義します。
    • 「利用者」 本施設を利用する会員、ビジターならびに来館者
    • 「会員」 一般会員および法人会員
    • 「一般会員」 本施設との間で入会手続きを経て会員契約を結んだ個人、法人および団体
    • 「法人会員」 本施設との間で入会手続きを経て法人会員契約を結んだ法人および団体であり、法人会員契約により、 当社が当該法人・団体の従業員に対して一般会員とは異なる条件で本施設の利用を認める場合の当該法人・団体
    • 「ドロップイン利用者」 本施設との間で入会手続きを経ることなく、本施設の会員スペースを一時的に利用する個人
    • 「来館者」 本施設の利用を目的としない見学者、または本施設の公開スペースを利用する個人、または当社が本施設の入館を認めた個人
    • 「会員スペース」 本施設のうち、会員のみが利用できる場所
    • 「公開スペース」 本施設のうち、会員及び非会員が利用できる場所
    • 「本建物」 本施設が存する建物

第2条 本規約及び諸規則

  1. 本規約は、本施設への入会及び本施設の利用について、利用者と当社が遵守しなければならない諸条件のうち基本となる内容を定めたものです。
  2. 当社は、本施設を運営および提供する上でその都度必要と判断する諸条件および諸規則(以下「諸規則」といいます)を定めることができるものとします。
  3. 本規約および諸規則は、会員契約の内容を構成します。ただし別途の定めがあるときには、その定めが優先されます。

第3条 会員

  1. 本施設は、会員を始めとする利用者が施設を利用することで、利用者相互の交流および親睦を深め、利用者の事業や活動の増進、働き方の変革を図り、ライフスタイルの創造に寄与することを目的として運営します。
  2. 利用者および当社は、前項の目的を認識し、利用者が本施設を快適に利用することができるよう相互に尊重しあうものとします。
  3. 当社は、利用者が快適に本施設を利用することができるよう、利用者の要望に配慮しながら本施設の維持、サービスの向上に努めます。
  4. 利用者が本施設を利用する場合には、各自の責任において自己又は他の利用者の安全、快適性に配慮するものとします。
  5. 会員ではない利用者も本条の趣旨を理解し、本規約および諸規則を遵守するものとします。

第4条 サービス内容

  1. 本規約は当社が本施設において提供する以下のサービス(総称して「本サービス」といいます)に関して共通して適用されるものとします。
    1. コワーキングスペースサービス
    2. シェアオフィスサービス
    3. 貸会議室サービス
    4. 貸イベントスペースサービス
    5. 貸ロッカーサービス
    6. 住所利用サービス
    7. 複合機利用サービス
    8. 備品貸し出しサービス
    9. シェアキッチンサービス
    10. その他当社が定めるサービス
  2. 当社は本サービスの運営上、個別のサービス毎に利用上の注意等の諸規則を設ける場合があります。

第5条 入会資格

  1. 本施設への入会資格は、次の各号のすべてに適合する方に限ります。
    1. 本施設の趣旨に賛同し本規約および諸規則を守れる方
    2. 暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準じる者またはその構成員その他の反社会的勢力ではない方
    3. 過去に会員であった場合、会費の未払い債務の無い方かつ除名されていない方
    4. 未成年の場合、入会に際し親権者の方の同意を得た方

第6条 会員契約

  1. お客様と当社との会員契約は、お客様が本規約および諸規則に同意したうえで、本施設受付に来館し、第8条に定める会員種別の確定および申込書を提出し、会費の支払い手続きを完了したことにより成立するものとします。
  2. 利用開始日から会費が発生します。入会月の会費については日割り計算いたします。
  3. 申込書を提出する際には、個人または法人の本人確認書類を提示するものとします。
  4. 会員以外の利用者は本施設を利用した時点で、本規約および諸規則の内容が適用されるものとします。
  5. 未成年のお客様が当社と会員契約を締結するには、親権者の同意を得なければならないものとします。
  6. お客様が入会手続きにおいて、虚偽の申告、重大な事実の隠匿、その他当社が本施設の利用を不適当であると判断した場合には、会員契約を取り消すことができるものとします。
  7. 当社は、申込者が提出した書類を返却しないものとします。

第7条 会員資格

  1. 会員には会員資格が付与されます。
  2. 会員は、会員の資格を当社が承認した場合を除き、他に共有、貸与、譲渡または名義変更することができないものとします。

第8条 会員種別

  1. 当社は、本施設の利用形態に応じた会員種別をその都度定めます。
  2. 当社は、会員種別を追加、変更、廃止、再開等をすることがあります。

第9条 会員証

  1. 当社は会員に対して会員証を発行するものとします。
  2. 会員は本施設を利用する際には会員証を携帯しなければなりません。
  3. 会員は会員証の複製および第三者への貸与または譲渡をしてはなりません。
  4. 会員証の貸与、紛失、盗難その他の理由の如何を問わず、会員の故意または過失により当社が利用を認めていない第三者が当該会員証により 本施設を利用した事実が発覚した場合には、会員は、金30,000円を違約金として当社に支払わなければなりません。
  5. 会員は会員契約が終了した場合、直ちに会員証を当社に返却しなければなりません。
  6. 会員証の紛失、盗難または破損等が生じ、本施設での利用が困難になった場合には、会員は直ちに当社に届け出なければなりません。 この場合、会員は当社に会員証再発行手数料および再発行代金として金3,000円を支払うことで、会員証の再発行を請求することができるものとします。

第10条 会費等の支払い

  1. 当社は、入会金、会費、手数料、利用料等の金額および内容を当社の判断で決定または変更することができるものとし、変更後の料金および内容については、 該当する全ての利用者に適用されるものとします。ただし当社が別途定める場合はこの限りではありません。
  2. 入会金は当社が別途定める金額とし、当社が定める手段によるものとします。
  3. 会費は、本施設の利用の有無にかかわらず支払わなければなりません。
  4. 会費の支払いは、当社が定める手段によるものとします。
  5. 会員が申告した利用開始日以降、会費が支払った入会金、会費および利用料は、理由の如何を問わず返金されないものとします。

第11条 会員情報の変更

  1. 会員は、入会手続きおよび本施設を利用する際に、会員情報(氏名、法人名、住所、連絡先、その他お客様の情報)を正しく当社に対して申告するものとし、 また当該会員情報に変更が生じた場合には速やかに当社に当該変更内容を届け出るものとします。
  2. 本条に定める会員情報の変更については、申込者が法人である場合には、法人代表者のみが変更手続を行うことができるものとします。
  3. 当社は会員情報を社内規程に従い適切に管理するものとします。

第12条 会員種別の変更

  1. 会員は会員種別の変更を希望する場合、変更希望月の前月末日までに変更手続きをとるものとします。
  2. 会員は、会員種別の変更日をもって、変更前に保有していたすべての権利を失うものとします。
  3. 会員は、会員種別の変更に伴い、変更後の会員種別ごとにかかる入会金を支払うものとします。

第13条 退会

  1. 会員は退会を希望する場合、当社所定の退会手続きをとるものとします。
  2. 退会手続きの完了日と退会日との関係は以下に定める通りとし、退会日をもって会員契約が終了するものとします。
    1. 利用終了月の10日(本施設が休館日の場合は、翌営業日)までに退会手続きが完了した場合、退会日は退会手続き完了月の末日またはそれ以降の月の末日のうち、会員が退会手続き時に指定する日とします。
    2. 退会手続きの完了が11日(本施設が休館日の場合は、翌営業日)以降になった場合、退会日は、退会手続き完了月の翌月末日またはそれ以降の月の末日のうち、会員が退会手続き時に指定する日とします。
  3. 会員が当社に対して口頭、電話、電子メールその他の手段で退会の意思を伝えたといえども、当社所定の退会手続きを終えない限り、退会とはみなされません。会員は退会手続きを適切に完了しない限り、 会員契約が有効に継続し、会員が有する本施設の利用権や会費その他の支払い義務が存続することを十分に認識するものとします。
  4. 会員本人が死去された場合、当該会員の親族またはこれに準ずる方で当社が認める方が、退会手続きを完了させる必要があるものとし、当該退会手続きについては、 本条の上記各規定が適用されるものとします。ただし会員本人が死去された月の末日をもって退会日とします。
  5. 会員は、退会日までに、本施設に留置している所有物を収去するものとします。なお、退会日の1カ月後においても収去しない退会者の所有物については、当社の判断で処分することができるものとします。
  6. 会員が連続して3ヶ月分の会費の支払いを滞納した場合、当社は当該会員を退会扱いとすることができます。なお、これにより会費、利用料その他の支払義務が免除されるものではありません。

第14条 休会

  1. 会員は、当社の定める事由に該当する場合、休会の手続きを取ることができます。
  2. 休会手続きの完了日と休会期間との関係は以下に定める通りとし、休会期間中は会費の支払いが免除されるものとします。
    1. 毎月10日(本施設が休館日の場合は、翌営業日)までに休会手続きが完了した場合、休会開始月は休会手続き完了月の翌月またはそれ以降の月のうち、会員が休会手続き時に指定する月とします。
    2. 毎月11日(本施設が休館日の場合は、翌営業日)以降に休会手続きが完了した場合、休会開始月は、休会完了手続き完了月の翌々月またはそれ以降の月の末日のうち、会員が休会手続き時に指定する月とします。
    3. 休会期間は最長6カ月間とし、会員は休会手続き時に再開予定月を申告するものとします。
  3. 休会開始月から6カ月経過した時点で再開のお申し出がない場合には、自動的に退会扱いとなります。
  4. 休会時には会員証、ロッカーキーなどの貸与品を一時ご返却いただくものとします。
  5. シェアオフィス、郵便受け、社名プレート、登記住所は休会中確保することができません。

第15条 再入会

  1. 第13条に定める退会会員は、再度入会する(以下「再入会」といいます)ことができます。再入会の利用開始を希望する場合には、新規入会に準じる手続を経るものとします。
  2. 再入会の際には、当社が定める再入会金を支払うものとします。

第16条 会員資格の喪失

  1. 会員が次の号のいずれかに該当した場合には、会員資格を喪失するものとします。
    1. 会員が退会したとき
    2. 会員が除名された場合
    3. 会員が死去された場合
    4. 会員契約が終了した場合
    5. 本施設が閉店された場合

第17条 禁止事項

  1. 利用者は本施設において、以下の各号に該当する行為をしてはならないものとします。利用者に当該行為があるときは、当社は利用者に対し、当該行為の中止、 本施設の一部または全部の利用の中止、本施設からの退去等を求めることができます。
    1. 他の利用者または当社スタッフに対して叩く、殴る、蹴る、強く押す、掴むその他の暴力を振るうこと
    2. 他の利用者または当社スタッフに対して暴言、誹謗中傷、嫌がらせ、睨み付け、待ち伏せ、つきまとい、個人的交友の強制、その他迷惑行為を行うこと
    3. 大声や奇声を発するなど、他の利用者や当社スタッフが威嚇や迷惑と感じる行為を行うこと
    4. 盗撮、盗難、痴漢、露出、その他法令又は公序良俗に反する行為をすること
    5. 当社の許可なく動物を持ち込むこと
    6. 当社が指定した喫煙スペース以外での喫煙を行うこと
    7. 本施設内で火気を使用すること
    8. 本施設の設備や備品等を当社の許可なく持ち出すこと
    9. 本施設の設備や備品等を損壊または汚損すること
    10. 本施設内に危険物を持ち込むこと
    11. 本施設内で政治活動、宗教活動を行うこと
    12. 本施設において許可なく、勧誘活動、署名活動、撮影、ビラ等の配布、張り紙等の掲載を行うこと
    13. 本施設の運営に対する要望に対して当社による回答があった後も同じ意見や要望等を繰り返すこと
    14. 当社または本施設の名誉または信用を傷つけること
    15. 本施設内に居住または宿泊すること
    16. 本建物の共用部において本建物所有者の定める利用規則に反する行為を行うこと
    17. 他の本建物利用者に迷惑を及ぼす行為及び音、振動、臭気等を発し、迷惑を及ぼす可能性のある物品の持ち込み。
    18. 本建物において、無断で営業行為をすること及び宗教活動・政治活動をすること。
    19. その他、当社が不適切と判断する行為または事業を行うこと
  2. 当社は、利用者に以下の各号に該当する事由があると判断したときは、利用者に対し、本施設の設備の一部または全部の利用の中止、本施設からの退去を求めることができるものとします。
    1. 第3条に反することが判明した場合
    2. 体調不良、伝染病への罹患、怪我の未完治その他本施設を利用することが不適当であると当社が判断した場合
    3. 当社または他の利用者との紛争が解決しておらず、本施設を利用することが不適当であると当社が判断した場合
    4. 来館者の行為について、当社スタッフから是正の要請、指導を受けたにもかかわらず、協力しない場合
    5. 利用者の言動に対して、本施設の安全配慮および秩序維持の視点から、当社が是正を求めたにもかかわらず、尚も是正されないと当社が判断した場合
    6. 利用者が過去に当社から除名処分を受けていた場合
    7. 上記各号に定めるほか、利用者の行為が第3条の趣旨に反し、本施設の運営に支障があると当社が判断した場合
    8. 会員法人が、破産手続、民事再生手続、会社更生手続、特別清算その他これらに類する倒産手続等の開始の申立を行い、若しくはそれらの申立を受けたとき。

第18条 除名処分

  1. 会員が前条第1項及び第2項の各号のいずれかに該当する場合、当社は当該会員を直ちに除名処分とすることができるものとします。
  2. 除名処分は、当社の会員に対する口頭または書面による通知によって行うものとし、口頭で行ったときは後日これを確認する書面を送付するものとします。
  3. 会員が除名処分を受けたときは、当社と当該会員との会員契約は除名処分と同時に終了します。

第19条 反社会的勢力に関する表明保証等

  1. 利用者は、自らおよび同伴者が暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動標榜ゴロ又は特殊知能暴力団、 その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
    3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
    4. 暴力団員等に資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
    5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言辞又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は業務を妨害する行為
  3. 当社は、利用者又は利用法人が前2項に違反した場合、催告その他何らかの手続を要することなく、直ちに利用者又は利用法人の利用資格を剥奪することができます。
  4. 前項に定める解除は、当社の利用者及び利用法人に対する損害賠償請求を妨げません。
  5. 本条第3項に基づき契約が解除された場合、利用者及び利用法人は、当社にし、当該契約の解除を理由として損害賠償その他何らの請求をすることができません。

第20条 営業日および営業時間

  1. 本施設の営業日および営業時間については、会員種別により個別で定めます。
  2. 当社は営業日および営業時間の変更を行う場合には、事前に会員に対しその旨を告知するものとします。

第21条 休業日

  1. 当社は以下の各号に定める場合、本施設の全部または一部を休業とする場合があります。
    1. 本施設の点検、補修、改修その他本施設の運用管理上、当社が必要と判断した場合
    2. 気象、災害、突発事故その他やむを得ない理由により当社が必要と判断した場合
    3. 法令、行政指導、社会情勢の著しい変化その他やむを得ない事由が発生した場合
    4. 年末年始などの一定期間の休業、その他当社の都合により当社が必要と判断した場合

第22条 サービス提供の休止

  1. 当社は以下の事項に該当する場合には利用者に告知することなく本サービスの全部または一部の提供を休止することができます。
    1. 設備等の不具合により、十分な品質のサービスを提供することができないと当社が判断した場合
    2. 緊急の点検、設備の保守などによりサービスの提供が不可能である場合
    3. 火災、停電、天変地異、法令およびこれに準ずる規則の改廃・制定、公権力による処分・命令、その他当社の合理的支配が及ばない事由等不可抗力を原因として、本サービスの提供ができなくなった場合
    4. 通信事業者が電気通信サービスを中断あるいは中止し、電気通信サービスの提供ができなくなった場合
    5. その他、当社が運営上休止する必要があると認めた場合
  2. 当社が本サービスの提供を休止する場合、利用者は本サービスの停止に伴い発生した損害の賠償、その他一切の請求をできないものとします。

第23条 拾得物

  1. 利用者は本施設に忘れ物または落とし物(以下「拾得物」といいます)をされたことに気づかれた場合には、速やかにその旨を本施設に問い合わせるものとします。
  2. 本施設内で拾得物を拾得された利用者は、本施設に当該拾得物を引き渡すものとし、引き渡しをもって当該拾得物に対する一切の権利を放棄したものとみなします。
  3. 当社は拾得物について、当社が定める1か月間保管経過後に処分することができるものとします。ただし、拾得物が飲料品等、カビ・腐敗等安全衛生上の問題を生じるおそれがある場合、 当社は保管期間の経過前であっても処分を行うことができるものとします。

第24条 盗難および紛失

  1. 利用者は、本施設が不特定多数の方が利用される施設であることを認識し、ご自身の持ち物が紛失や盗難事故にあわないよう適切に管理するものとします。
  2. 利用者が本施設を利用する際に生じた紛失や盗難事故について、当社は、当社に故意または過失がある場合を除き、何らの賠償責任も負わないものとします。

第25条 利用者の責任

  1. 利用者は、本施設を利用するにあたり、故意または過失により、当社、他の利用者または第三者に損害を与えた場合、その賠償責任を負うものとします。
  2. 利用者が本施設内の備品および設備機器を破損した場合、当社は、利用者に対し損害金を請求できるものとし、利用者は速やかに原状回復に要する損害金を支払うものとします。

第26条 損害賠償免責

  1. 利用者が本施設の利用中、利用者自身が受けた損害に対して、当社は、当社に故意または過失がある場合を除き、当該損害に対する責を負いません。
  2. 利用者同士の間に生じた係争やトラブルに対して、当社は、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切関与しないものとし、利用者は当社に係争やトラブルの解決を求めることはできないものとします。

第27条 本施設の閉店

  1. 当社は当社の判断に従い、本施設を閉店することができます。
  2. 本施設の閉店について、当社は利用者に対して何らの保証も行わないものとします。

第28条 告知および連絡

  1. 本規約に別途定めがある場合を除き、当社が利用者に対して行う告知および連絡は、本施設のウェブサイトまたはSNSおよび本施設での掲示または本施設内での配布によるものとし、 利用者は当社からの告知および連絡に留意するものとします。
  2. 本施設におけるキャンペーンその他の告知内容を利用者が認識されなかったことについて、当社は何らの責任も負わないものとします。
  3. 当社から利用者に対して郵送または電子メールで告知物を発送する場合、利用者が当社に申告した住所または電子メールアドレス宛に発信するものとし、 当該住所または電子メールアドレス宛に発信された告知物が利用者に届かなかったことについて、当社は何らの責任も負わないものとします。

付 則

  1. この規約は、 2019年4月11日から施行する。
  2. この規約の改正は、2019年9月10日から施行する。

Made with in MAKUHARI