TENT幕張のご利用には感染症対策のためマスクの着用が必須です

コワーキングスペースとの違い

利用可能時間

コワーキング会員がコワーキングスペースを利用できるのは契約したプランの時間のみです。
(例)
スタンダード・・・平日9:00~18:00(2021年3月より8:00~)
ウィークエンドPlus・・・土日祝9:00~20:00(2021年3月より8:00~)
デイタイム・・・全日9:00~20:00(2021年3月より8:00~)

シェアオフィス会員であれば24時間365日TENT幕張を利用できます。
いつでも自分のオフィスのように利用できる場所があるのは大きなアドバンテージです。

しかし、コワーキング会員には「プレミアム」というプランがあり、このプランも24時間365日利用することができます。
利用時間に関してはこのプランと同等です。

ではプレミアムプランには無いシェアオフィス会員の特権をご紹介しましょう。

占有空間

コワーキング会員のプレミアムプランとシェアオフィス会員の一番の違いは「占有空間を持っているかいないか」ということになります。

コワーキング会員のプレミアムプランはコワーキングスペースしか利用することができません。
もし個室を利用したい時は会議室を別料金で利用予約をしなければなりません。
会議室も予約優先のため、自分が利用したい時間に確実に使えれるかどうかは予約時にしかわからないのです。

シェアオフィス会員ならすでに占有空間を持っています。
防音ではありませんが、壁に囲われた一人で仕事ができる空間を使う権利を持っています。
そのため好きな時間帯に、一人で集中して作業したり、他の利用者に画面を見られずにweb会議をすることができるのです。

これだけでもシェアオフィス会員の優位性を感じていただけると思いますが、更に特権があります。
ご紹介していきます。

シェアオフィス会員の特権

シェアオフィス会員には他にも実質0円利用できるサービスがあります。
月間利用料にはコワーキング会員の場合別料金となる以下のオプションが含まれています。

  1. 登記住所利用
  2. 郵便受けサービス
  3. 社名プレート
  4. クロスポート前サイネージ広告

通常11,500円(税抜)のオプションが実質0円で利用できます。
更に、コワーキング会員は無線LANのみですが、シェアオフィスでは有線LANも利用できるようになっています。
よりセキュリティの高い環境をお使いいただけます。

コワーキングスペースとの違い

シェアオフィス会員は自分の占有スペースを自由に利用することができます。
そして人の目を気にせず仕事に没頭する空間を持つことができるのです。

そしてコワーキング会員がオプションで別料金を支払わなければならないものも、月額利用料に含まれているため「自分の会社の専用オフィス」としての利用価値が上がってきます。

以上がコワーキングスペースとの違いとしてあげられます。



最新情報をチェックしよう!