TENT幕張のご利用には感染症対策のためマスクの着用が必須です

働き方改革

働き方改革とは?

2018年(平成30年)に働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立し、2019年(平成31年)4月に一部の法律が施行されています。
それ以降、企業においては重要な企業目標の一つとして「働き方改革」が組み込まれることとなりました。

厚生労働省が「働き方改革が目指すもの」として以下のように定義しています。

「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

厚生労働省HPより https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

日本が直面している状況として「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などがあげられます。
働く意思のある多くの人が就業機会を得られるようにすることや意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっているのです。

TENT幕張で「働き方改革」

前述で、日本が直面している状況として「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などがあげると書きました。

この2つの直面している状況に対し、TENT幕張では特に「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」に対応しています。
TENT幕張が入るビルには保育園と学童保育があり、「子供を預けて働く」「子供の近くで働く」というニーズに応えています。

更に、TENT幕張がある海浜幕張はビジネスの街という特性からフリーランスで働いたりスモールビジネスをしている方々が多く集まる街でもあります。
そういったフリーランスやスモールビジネスをしている方々へTENT幕張は「仕事をする場」「人が集う場」を提供しています。

これは「働く方のニーズの多様化」に対応している結果であり、昨今のテレワーク推進で更に加速する「働き方改革」へ対応する企業への協力でもあるのです。

最新情報をチェックしよう!